​排水工事​

■ディープウェル工法

掘削域の内部あるいは外側にφ300~500㎜の深井戸(ディープウェル)を耐水層に設置し、ディープウェルに流入する地下水を水中ポンプを用いて揚水し、地下水位の低下を図る工法です。
本工法は次の地盤や施工条件の場合に適します。

​ ◎砂~礫層  ◎湧水量が多い地盤  ◎ウェルポイントの打設が困難な場所  ◎掘削が深い場所

​●ロータリー式

ロータリー式ディープウェル作業状況

​●パーカッション式

パーカッション式ディープウェル作業状況

■ウェルポイント工法

ウェルポイントと呼ばれる吸水管に揚水管(ライザーパイプ)を取付け帯水層に打設して、ヘッダーパイプ
を通じて真空度をかけて地下水を吸引し、地下水位の低下を図る方法です。
適用地盤は、一般的にシルト質細砂~粗砂です。また、一段設置による水位低下は4~5mが目安です。
掘削深度が大きいときは、右の写真のようにウェルポイントを多段設置します。

ウェルポイント作業状況

 
 

Copyright © 2018 株式会社SEET

ロゴ.png