現場造成杭工事​

■BH工法(ロータリーボウリング工法)

BH工法は、大口径ボーリング機械を使用し、ボーリングロッド先端に取り付けたウィングビットやトリコンビットを回転削孔する方法です。
削孔には安定液をポンプでビット先端に送り、掘削された土砂を上昇水流によって孔口まで運び、坑口に設置したポンプで排出する正循環方式です。
削孔終了後、スライム処理を行い芯材を建て込み後、コンクリート等を打設し、杭を築造します。
既存の場所打ち杭工法の中で最もコンパクトな工法です。

BH施工状況

■リバース工法

リバース工法では、孔壁の保持は孔内泥水と地下水の水位差を2m以上とすることによる水位差によって行われます。杭径はφ1,000~3,000㎜程度が多く、掘削深度も100m超も可能です。

リバースサーキュレーションドリル工法の施工順序

■TBH工法(トップドライブリバース工法)

従来のリバース工法に加え、トップドライブ方式を採用した本工法は、狭隘・低空頭な施工条件において、大口径掘削を行うことができます。
また、正循環掘削工法で問題があったスライム沈殿もリバース掘削方式のため、より確実な管理・施工が可能です。

 

TBH施工順序

■オールケーシング(ベノト工法)

オールケーシング工法は、掘削に先立ち、ケーシングを揺動(回転)圧入し、その後ハンマーグラブによって掘削、土砂の排出を行い、所定の深度に達した後、コンクリートを打設する工法です。

 
 
 
 

Copyright © 2018 株式会社SEET

ロゴ.png